動画配信ビジネスについてはメジャーレーベル名に見えないといった社会だけではなく個人レベル、個人事業主がライバーして活躍する動画配信を含めて個人SNSや中小企業のウェブサイトでどんどん活用されるようになってきています。

以前では動画と言えばあくまでもハイクオリティー、高画質、編集についても様々な効果音といったところが重要だとされてきました。しかしながら現在このような事情で課金されるような動画についてはこのようなクオリティーは求められていません。

むしろ動画そのものの企画力であったり、コスト面であったりどれだけ軽いデータでかつ画質を確保しているかといったところがポイントになります。
もちろんのことながら、撮影にあたって企画から納品までの納期がどれだけ短いかといったことも重要なポイントだと言えるでしょう。

何といっても、様々なプラットフォームで個人レベルが撮影した動画がこれだけ多く採用されるようになり、オンデマンドだけではなくライブの形でリアルタイム配信されることの価値が認められるようになった時代です。

プロレベルの映像ではなくともアマチュアが企画を大事にして撮影、配信する動画について価値を認められる時代になったわけですから、動画のクオリティーは高画質や高品質と言うのではなくどれだけの企画力か、どれだけニーズを捉えているかと言うことの方が重みを増していると言えるでしょう。

自分自身のSNSやホームページで動画を配信している場合だけではなく、個人事業主のレベルで委託を受けて動画を企画から制作、配信するにあたってもどれだけの企画力が求められるかが分かると思います。

そして何よりも重要なのはスピードになってくるのではないでしょうか。これからの時代、様々な訴求力を動画で訴求していくことになればなるほどライバルも増えてくると思いますがクオリティーと言う言葉を考えた際に4Kの動画や特殊効果と言う意味ではなくあくまでも企画力やスピード、顧客のニーズをどう捉えているかを重要視して活動することこそが重要なポイントになってくると思います。

商品であれサービスであれ、これからは動画を活用して、できるだけ軽く数を多く訴求することができるかが差別化につながると思いますので動画を活用したマーケティングにはまだまだニーズは高まると想定されます。
ビジネスとしてもネット副業でこのような世界で生きていく事は大きなポイントになるのかもしれません。